JavaScriptが無効な場合、一部の機能が使えない恐れがありますので、JavaScriptを有効にしてください。


本校について



本校について

学校概要

2017年4月8日更新

沿革

明治5(1872)年2月 本校の前身の官立女学校(文部省直轄の女子のための英語学校、のちに東京女学校と改称)開設す。立地より「竹橋女学校」「竹平女学校」と通称される。
明治10(1877)年 東京女学校閉鎖。東京女子師範学校に英学科が置かれ、在学生を受け入れる。
明治15(1882)年7月 東京女子師範学校附属高等女学校となる。
明治19(1886)年6月 東京高等女学校として独立す。
明治20(1887)年10月 官制の改定により文部省直轄学校となる。
明治23(1890)年3月 女子高等師範学校附属高等女学校となる。校舎を本郷区湯島3丁目の女子高等師範学校内に移転す。立地より「お茶の水の女学校」「お茶の水」と通称される。
明治41(1908)年4月 東京女子高等師範学校附属高等女学校と改称す。
大正12(1923)年9月 関東大震災にて校舎焼失す。
昭和10(1935)年3月 現校舎竣工、お茶の水より移転す。
昭和13(1938)年12月 西武新宿線久米川駅東南(現最寄駅西武拝島線萩山駅北西)の地に1,500m²の勤労作業場郊外園を開設す。
昭和23(1948)年4月 新制附属高等学校(女子のみ)となる。
昭和27(1952)年4月 お茶の水女子大学文教育学部附属高等学校となる。
昭和55(1980)年4月 お茶の水女子大学附属高等学校となる。
昭和57(1982)年11月 創立100周年記念式典を行う。
平成4(1992)年12月 創立110周年記念式典を行う。
平成14(2002)年11月 創立120周年記念式典を行う。(PDF形式 6,122キロバイト)
平成16(2004)年4月 国立大学法人お茶の水女子大学附属高等学校となる。
平成24(2012)年11月 創立130周年記念式典を行う。(PDF形式 6,419キロバイト)

校歌と校章

附属高校校章

みがかずば たまもかがみも なにかせん
まなびのみちも かくこそありけれ


本校は明治5(1872)年開設の「官立女学校(のちに東京女学校と改称)」を前身とし、明治15(1882)年に東京女子師範学校附属高等女学校となり、明治23(1890)年に女子高等師範学校の附属高等女学校へと発展した。

校歌は明治8(1875)年に皇后(昭憲皇太后)より東京女子師範学校にいただいた御歌(みうた)「みがかずば」に、式部寮雅楽課の伶人東儀季煕がつけた譜を原曲としている。この日本で最も古い校歌は明治29(1896)年に西洋風の旋律に改められ、大学・附属校園共通の校歌として歌い継がれている。

校章は明治39(1906)年6月より、袴紐のうえに締める博多織のベルトのバックルに、徽章として着用された。形は先の御歌により、八稜鏡(はちりょうきょう)をなしている。図柄は菊の花に蘭の花と葉をあしらったもので、「秀蘭芳菊君子を思う」という古語に基づき、その高潔な美しさが立派な人に似ていることを表している。


制服

冬服夏服
冬服   夏服
 
 


生徒概況

学級および生徒数(下記在籍数は平成29年4月現在。定員は学年120名)

  第1学年 3学級 121名

  第2学年 3学級 119名

  第3学年 3学級 121名 計361名

  1. 生徒は女子のみである。
  2. 生徒は附属中学校からの入学者と、他の中学校からの入学者とによって構成される。


教職員概況

校長 作田正明

副校長 菊池美千世

主幹教諭 木村政子

教諭 21名、養護教諭 1名、非常勤講師 20名、ALT 1名、外国人特別講師 1名、T.T 20名、事務職員 2名、図書司書(非常勤) 1名、用務員(非常勤) 1名、学校医、学校歯科医、学校薬剤師

校務分掌は、総務部、教務部、指導部、研究部、進路部より成る。


事務室

開室時間 平日(月曜日から金曜日) 9時から17時

電話番号 03-5978-5855