JavaScriptが無効な場合、一部の機能が使えない恐れがありますので、JavaScriptを有効にしてください。




概要

沿革

2016年3月28日更新

お茶の水女子大学附属幼稚園の沿革
1876(明治9)年 11月16日 東京女子師範学校附属幼稚園として開園 (場所は通称お茶の水、現在の文京区湯島3丁目)
1884(明治17)年9月 大暴風雨の為園舎破壊、本校食堂にて保育を続けたが1886(明治19)年3月新築移転
1892(明治25)年9月16日 本園に分室を設置
1912(明治45)年1月23日 本園を第1部、分室を第2部とする
1923(大正12)年9月1日

関東大震災にて園舎焼失、1923(大正12)年10月20日より帝国女子専門学校に仮保育所を設ける

1924(大正13)年3月21日お茶の水に仮園舎新築移転

1932(昭和7)年12月 現園舎に移転(文京区大塚2-1-1)
1945(昭和20)年3月 太平洋戦争激化のため閉園
1945(昭和20)年11月 終戦後再開
1946(昭和21)年4月 第1部、第2部の編成を廃止
1949(昭和24)年4月 3年保育を再開する
1952(昭和27)年3月 お茶の水女子大学文教育学部附属幼稚園と称す
1980(昭和55)年4月 附属学校部ができ、お茶の水女子大学附属幼稚園となり現在に至る
2004(平成16)年4月 大学が国立大学法人 お茶の水女子大学となる
2006(平成18)年4月 創立130周年記念式典(2006年11月25日)
2008(平成20)年3月 園舎が登録有形文化財として指定される

2014(平成26)年3月

園舎の大規模復元改修工事完了。
2016(平成28)年11月 創立140周年記念式典(2016年11月26日)