JavaScriptが無効な場合、一部の機能が使えない恐れがありますので、JavaScriptを有効にしてください。


活動報告



Mono-Coto Innovation 2018 第1位

2019年1月8日更新

12月28日(金曜日)に、Curio School主催「Mono-Coto Innovation 2018」の決勝大会が東京大学伊藤謝恩ホールで開催されました。Mono-Coto Innovationは、異なる学校の生徒同士でチームを組み、「創造力」と「実践力」を育み競い合うプログラムです。企業と協同して、今までにない革新的なアイディアを創造し、アイディアを形にしたプロトタイプを創りあげます。今回、本校生徒たちが決勝大会に参加し、以下の成績を収めました。

【第1位】

チーム:「今を翔る少女。」(本校生徒1名を含む4名)

テーマ:「音楽」で、誰かと「わくわく」を感じられるモノ

テーマ出題企業:カシオ計算機株式会社

アイディアのタイトル:「Laughie(ラッフィー)」(音楽の持つ力で、家族間の関係性を進化させるサボテン型デバイス)

*第1位のチームには、優勝賞品として米国シリコンバレーツアー(2019年夏)が贈呈されました。

*Mono-Coto Innovationの大会結果についてはTwitterページFacebookページをご覧ください。

mono-coto1

イベント報告(年別)

SGH報告(年別)